Please reload

Recent Posts

Find Your Constellation in My Drawing!

November 8, 2017

1/1
Please reload

Featured Posts

4th Grade Research Assignment for the Calvert Reading Lesson

January 30, 2018

For my homeschool reading lesson, I had to write a short research paper. 

 

This is the part of the lessons to learn about reading strategies for non-fiction reading materials.

I'm assigned a book called "Thomas Edison: The Great Inventor."

 

.
I researched about the kinetoscope, which is the first motion picture exhibition device and was invented by Thomas Edison.

 

I wish I could see how it works in person! Supposedly Thomas Edison didn't make it  by himself, even though he was such a good inventor.

 

Here is my finished paper:

 

 

The Kinetoscope: The Invention by Geniuses

 

       The Kinetoscope, one of the greatest inventions by Thomas Edison, is an early motion picture exhibition device made in the late 19th century. However, it took more than one person to create such a remarkable machine.

 

       First Thomas Edison met Eadweard Muybridge, who was a photographic pioneer. He was working with a French scientist called Étienne-Jules Marey, and in 1879, together they filmed birds with a special camera that was converted from a gun. This camera took twelve consecutive images per second and captured the birds’ movements chronologically This type of filming was called chronophotography. Their research inspired Edison to experiment with roll film. Then he worked with William Dickson to make the Kinetoscope. Edison said: “We will do for the eye what the phonograph does for the ear.”

 

       Edison and Dickson together made an improvement on the film to make it more sensitive, then changed the horizontal feed to one in which the film was fed vertically. After making many other improvements and adjustments, Edison finally patented the Kinetoscope in August 24, 1891. It took about twelve years altogether since Muybridge and Marey first made chronophotography. The creation so important and memorable in history like this was made by not just one genius, but by many, each contributing an essential element.

 

 

I did a drawing about Edison's light bulb invention:

 I made the bulb look like Earth, because his invention influenced the whole world. 

 

...And also the drawing of my favorite Rilakkuma!

 

 

Thank you for reading my blog. Come back soon!

 

 

 

カルバート・ホームスクール4年生:読解レッスンのためのリサーチペーパー

 

ホームスクールの読解レッスンのために、リサーチペーパーを書かなければいけませんでした。

 

この課題は、ノンフィクションの文章を読む方法を学習するためのレッスンの一部として出されました。

「トーマス・エジソン:偉大な発明家」という本が指定されています。

 

(写真:エジソンの本)

 

私はトーマス・エジソンが発明したキネトスコープという世界初の動画の映写機ついてリサーチしました。

 

(写真:米国の特許庁に提出されたエジソンのキネトスコープの絵)

 

この機械が動くのを実際に見てみたいです!エジソンは優れた発明家でしたが、自分一人でこの機械を作ったわけではないそうです。

 

これが、私が書いたリサーチペーパーです:

 

 

キネトスコープ:天才たちの発明

 

     トーマス・エジソンの最大の発明品のひとつであるキネトスコープは、19世紀後期に作られた初期の動画映写機です。しかしながら、この優れた機械は、たった一人の人間だけで創造されたわけではありません。

 

     はじめに、エジソンは、エドワード・ムイブリッジという写真の分野の先駆者に出会いました。ムイブリッジはエティエンヌ・ジュール・マレーというフランスの科学者との共同作業で、1879年に、銃を改造して作った特別なカメラを使用し、鳥の動きを撮影しました。このカメラは1秒間に12枚の写真を連続して撮影することができ、時間に沿った鳥の動きを捉えることができました。このような撮影方法は、クロノフォトグラフィー(連続写真)といいます。彼らの研究に刺激を受けたエジソンは、巻いた状態のフィルムについて実験をしました。そしてエジソンは、ウィリアム・ディクソンという人物と共にキネトスコープを作り始めました。エジソンは、「聴覚のために蓄音機を作ったように、視覚にも同じようなものを作るのだ」と言いました。

 

     エジソンとディクソンは共にフィルムをの感度を改良し、水平に送っていたフィルムを垂直に送るように工夫しました。他にも多数の改善を重ねたのち、エジソンはついに1891年8月24日にキネトスコープの特許を取得しました。ムイブリッジとマレーが初めてクロノフォトグラフィーを作ってから12年経ってからのことでした。このような歴史の中で重要かつ人々の記憶に残るような創造は、一人の天才によるものではなく、多くの人物によるそれぞれの不可欠な貢献が積み重なってできたものなのです。

 

(終わり)

 

 

エジソンの電球の発明の落書きを書きました。

 

(写真:エジソンの電球の落書き)

 

電球が地球みたいになるように書きました。エジソンの発明が世界位影響を与えたからです。

 

…そして大好きなリラックマの落書きもしました!

 

(写真:リラックマの落書き)

 

 

私のブログを見てくれてありがとう!またきてくださいね!